法律事務所で民事訴訟の相談

プロに依頼することで訴訟を有利に

民事訴訟とは、私人同士の間で起こった争いを裁判所に訴え、裁判官が双方の主張を聞き証拠を基に判決を下すことです。
民事訴訟の種類は、大きく分類すると3つあります。通常訴訟、手形・小切手訴訟、そして少額訴訟です。手形・小切手訴訟は、通常訴訟と比べてより迅速、簡易的に解決したい場合に選択することが多いです。


少額訴訟は、60万円以下の金額訴訟で利用されます。どちらも原則的に1度の審理で結審するので、時間がかからずすぐに結論が出る、という特長があります。
それ以外の訴訟は通常訴訟の手続きに従って、審議されます。他に人事訴訟や行政訴訟がありますが、Eジャスティス法律事務所でも、訴えの種類に沿って迅速に結論が出るように、相談に乗ってくれます。


民事訴訟は、まず訴えを起こす側すなわち原告が、訴状を裁判所に提出します。訴状には訴えの内容や訴える相手のことなどが記載されています。次に、裁判所から訴状の副本が訴えられた側に送付されます。第1回口頭弁論の期日も記載されていて、その前までに訴えられた側も答弁書を作成します。
書類を基に口頭弁論を行い、場合によっては書証の取調べや証人尋問といった手続きが踏まれることがあります。裁判が行われる中で、訴えた側が訴訟を取り下げることもあります。また双方が歩み寄り、和解するという結論が出るときもあります。歩み寄りができない場合は、裁判所で判決が下されます。
Eジャスティス法律事務所でも、民事訴訟の相談を受け付けています。


民事訴訟を弁護士に依頼するメリットの一つは、依頼者の証言や証拠を基に、当事者では分からない点を客観的に見て状況を整理してくれるところです。
さらに裁判という場において、どういった点を中心に主張すべきかをまとめて提示してくれます。裁判で有利に働くように、証拠の提出方法についても考えてくれ、依頼者の持つ証拠の書類などから有利な点を拾ってくれます。

 

Eジャスティス法律事務所でも、経験に基づいた裁判の流れを説明してくれたり、どこまで相手に歩み寄ればいいか、具体的な解決策についてアドバイスしてくれたりします。


民事裁判を起こす際に、弁護士に依頼するメリットは色々あります。
法的知識を備えた法律事務所に依頼することで、煩雑な訴訟の手続きの多くを任せられます。ほとんどの人が、裁判に関わることは初めての体験となることでしょう。そのときに法律のプロである弁護士に相談することは、大切です。
また当人同士なら気づかないような状況や証拠を丁寧に拾い、適切に法的な主張をしてもらえるのも大きなメリットです。Eジャスティス法律事務所でも、無料の相談依頼を受け付けています。まずは、民事訴訟についての知識を深めていくことが良いです。

© 2021 民事訴訟の相談はEジャスティス法律事務所

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now